モノズキット

「やってみたい」を応援するスターターキット

意外と便利!? windows10でbashコマンド【ついでにzipコマンドとadbコマンドも】

Windows 10からBash on Ubuntu on Windowsという機能が使えるようになりました。

試しに使ってみたところ、zipコマンドはもちろん、adbコマンドも使えるみたいです。

Cygwinなどの環境構築や、各ツールを用意してパスを通すなどをしなくても近いことができるようになっており、意外と便利だと思ったのでご紹介します。

0. 前準備

はじめにWindows環境に変更を加えます。

「プログラムと機能」ウィンドウの“Windowsの機能の有効化または無効化”を選択します。

f:id:hisato-t05241123:20170212142500p:plain

 

 「Windowsの機能」というウィンドウが立ち上がりますので、その中から“Windows Subsystem for Linux (Beta)”にチェックを入れてOKを押します。

f:id:hisato-t05241123:20170212142808p:plain

再起動が必要になります。

 

次に、スタートメニューの「設定」>「更新とセキュリティ」を選択します。「更新とセキュリティ」左欄の“開発者向け”タブで、“開発者モード”を選択します。

f:id:hisato-t05241123:20170212143838p:plain

これで前準備は整いました。

1. bashのインストール

 コマンドプロンプトを実行します。コマンドプロンプトで以下のコマンドを実行します。

bash

 

f:id:hisato-t05241123:20170212145101p:plain

ubuntuをインストールするか聞かれます。“y”を入力して許可しましょう。

しばらくするとubuntuのユーザー名とパスワードの設定を要求されます。

f:id:hisato-t05241123:20170212145158p:plain

設定は以上です。 

2. bashの確認

コマンドプロンプトを再起動して、“bash”と入力して実行してください。

bash shellに切り替われば、無事に使えると思います。

Windows shellに戻りたいときは、“exit”と入力して実行してください。bashモードが終了します。

3. アップデート

インストールされたbashコマンド用のパッケージは、そのままでは更新されません。

そのため、手動で更新をする必要があります。

※最新のバージョンが存在する場合、bashを起動すると「更新しますか?」的なことを聞かれたので、聞かれたら更新すれば良いと思いますが。

アップデートは以下のコマンドで可能です。bash状態で実行してください。

sudo apt-get update

4. zipコマンドの追加

bash機能の便利なこととして、欲しい機能をパッケージとして追加可能なことです。

よく使うので、zipコマンド用のパッケージをインストールします。

コマンドは以下です。

sudo apt-get install zip

f:id:hisato-t05241123:20170212145345p:plain

これで使えるようになりました。unzipコマンドも使えるようになります。

5. adbコマンドの追加

android端末を操作する、adbコマンド用のパッケージもあったのでインストールしました。コマンドは以下です。

sudo apt-get install android-tools-adb

f:id:hisato-t05241123:20170212145409p:plain

bash状態でandroidとの接続ができるようになりました。

6. bashのアンインストール

パスワードを忘れてしまった場合、何かしらの不具合があった場合などのために、bash環境の削除方法についても触れておきます。以下のコマンドで、構築されたubuntu環境がアンインストールされるようです。

lxrun /uninstall /full

“/full”はPC上から完全にアンインストールします。他のユーザーが使っている場合は控えたほうが良いかもしれません。

アンインストール終了後、改めてbash環境を構築してください。

f:id:hisato-t05241123:20170212145455p:plain

7. まとめ

Bash on Ubuntu on Windowsはまだβ版なので、これからもっと良くなっていく機能です。ですが、普段からLinux使いで、業務上WindowsPCで仕事をしている人は、ぶっちゃけもう何かしらの環境を構築しているのではないかと思います。

なので、

Linuxを使い慣れているわけではないけど、Windowsにはない便利なコマンドを使いたい 。

と思っている人には、なかなかによい選択肢かと思います。

 

macでandroidSDKを使う方法【pathを通すまで】

0. 前置き

最近macbookを購入しました。どうせならmac環境でandroid端末を操作したいと思いましたので、androidSDKを入手してadbコマンドを使えるようパスを通します。「AndroidStudioはいらないけど、とりあえずandroidSDKは使えるようにしておきたい」という人向けです。もしかすると正攻法ではないかもしれません。その辺に注意して読んでいただけたらと思います。

1. AndroidSDKのダウンロード

先ずはここからandroidsDKをダウンロードします。

ページの下の方にAndroidSDK単体をダウンロードできるリンクがありますので、そこからmac用をダウンロードします。

f:id:hisato-t05241123:20170129113349p:plain

2. androidSDK.zipの展開とSDKmanagerの実行

f:id:hisato-t05241123:20170129113825p:plain

落としてきたzipファイルを解凍すると、“tools”というフォルダを得られます。

toolsは単なるフォルダなので、好きな場所に格納します。どこでもいいですが、渡しの場合は/Users/[username]の直下に置きました。

※後で気づいたのですが、このあと増えていく“buils-tools”や“platform-tools”などのフォルダがtoolsと同じ階層(/Users/[username]の直下)に追加されていきます。少し煩雑になってしまうので、もしかすると新たに“Androidtools”などの新規フォルダを作って格納しておくのが良いかもしれません(/Users/[username]/Androidtoolsとか)。

さて、toolsの中にandroidという実行ファイルがありますので起動させます。

f:id:hisato-t05241123:20170129121926p:plain

実行するとターミナルが起動して色々走ります。しばらくすると、SDKmanagerが起動します。

f:id:hisato-t05241123:20170129122746p:plain

取り敢えず、SDK ToolsとPlatform-toolsとBuild-toolsをインストールしました。これでひとまず必要なものは揃いました。

3. macのpathについて 

macのパスについて説明します。ターミナルから設定されているpathを確認するには以下のコマンドを使います。

printenv PATH

もしくは、

echo $PATH

です。実行すると、以下のようなパスが返ってくるはずです。

/usr/local/bin:/usr/bin:/bin:/usr/sbin:/sbin:/opt/X11/bin:

:を区切りに、いくつか設定されているようです。このフォルダ郡は隠しフォルダになっていますので、通常は表示されていません。おそらくこのフォルダのいずれかに実行ファイルを格納すれば一応パスを通せると思います。しかし、管理しづらいので、新たにパスを記述する設定ファイルを用意します。

4. .bash_profileの作成

ネットで調べると、ユーザー独自のパス設定には“.bash_profile”というファイルを作成して、そこに設定するようです。どうやらログイン時に読み込こまれるファイルなようです。

先ずは.bash_profileファイルが存在するか確認します。ファイルはホームディレクトリ内の隠しファイルです。ホームディレクトリ上で、以下のコマンドで確認します。

ls -la

※必要ならcdコマンドでホームディレクトリに戻ってから実行してください。 

f:id:hisato-t05241123:20170129125715p:plain

.bash_profileファイルの有無を確認できます。ない場合は作りましょう。以下のコマンドで新規作成できます。

touch .bash_profile

もう一度“ls -la”コマンドで作成されたか確認しましょう。

5. .bash_profileファイルにplatform-toolsまでのパスを通す。

adbの実行ファイルまでのパスを.bash_profileに通しましょう。adbは“platform-tools”にあります。私の場合、platform-toolsはtoolsと同じフォルダ階層にダウンロードされていました。

先ずは.bash_profileファイルをsu権限で、何かしらのエディタで開きます。以下のコマンドで開いてください。

sudo [エディタ] .bash_profile

ネットではこのコマンドで開けている人が多いのですが、私の場合開けませんでした。エディタ自体にもパスを通す必要があるのでしょうか。。。

ですので、以下のコマンドで実行しました。

sudo open /Applications/[エディタ名].app .bash_profile

f:id:hisato-t05241123:20170129132213p:plain

こんな感じに。CotEditorはエディタです。

.bash_profileに、以下を記述してパスを通します。

export PATH=$PATH:/[platform-toolsまでのパス]/platform-tools

記述し終えたら、保存して閉じます。一旦ターミナルを完全に終了させてから再起動します。ターミナルでadbと入力し、adb: command not foundとならなければ成功です。お疲れ様でした。 

f:id:hisato-t05241123:20170129133222p:plain

なんとかここまで来れました。

6. まとめ

androidSDKの導入に関して、おそらく最も手軽なのはAndroidStudioのインストーラーからのインストールでしょう。Android開発に必要な環境をいい感じで構築してくれます。

ですが、私の場合はandroidのアプリ開発をする予定はなかったので、AndroidStudioを導入するのは少し余分でした。AndroidStudioって結構ストレージの容量食いますしね。。。(ぶっちゃけこれが一番厄介)

私と同様、「AndroidStudioはいらんけどandroid端末の操作はしたい」という人のためになれば幸いです。

apksignerで署名する方法

備忘録を兼ねて、apksignerでの署名方法を説明します。

環境はwindows10、 androidSDK:v25.0.2、JDK1.8.0_60で検証しています。

続きを読む

Arduino M0 proをはじめるために買っておくとよい5つのもの

Arduinoで遊んでみたいけど、どれを買えばいいの?他に何が必要?みたいな部分を書いていこうと思います。

今後のArduinoライフが捗る、5つのアイテムを紹介したいと思います。

続きを読む

Arduino M0 Pro のオススメポイント【Arduino Unoとの比較】

Arduino M0 Pro購入を応援する記事

初めてArduinoの購入を検討するときに悩みました。Arduinno UnoとArduino M0(/pro)のどちらを購入すべきか。

Arduino M0はUnoと用途や構造が近いため、「Uno以外を買うならどれにしよう」と考えていた際に候補に出てきました。

購入候補

ネットを見て、気になった購入候補は以下です。

Arduino YunはArduinowifiモジュールを予めセットにした端末です。もともと、やってみたいことに「Arduinoをネットに繋げたい」というのがあったため、候補に追加しました。

単体の値段

値段は現時点(2017年1月)のスイッチサイエンス (https://www.switch-science.com/)に掲載されているものです。UnoとM0が同値段、M0 Proは2,000円程度高い模様。

Arduino YUNは9,990 円と最も高価でした。Arduino YUNと同じことが、別途wifiモジュールの追加で可能という記事を見つけたため、この時点で候補から外しました。

Arduino エントリーキットの値段

amazonなどで、Arduinoで初めて電子回路を組む人向けに、ブレッドボードや素子と一緒になったキットを購入できます。

確認した限り、M0のエントリーキットはなさそうです。同梱物の内容は殆ど差はありません。Uno版が4,320円、M0 Proが7,580円です。

Arduino Uno エントリーキット

Arduino M0 Pro エントリーキット

スペック

Arduino UnoとM0 Proのスペックはここに記載されています。

Unoとくらべて、M0 Proは大きく性能が向上しています。
例えば、フラッシュメモリが32KB→256KBへ、SRAMが2KB→32KBへ拡大しています。Arduinoに書き込むプログラムのデータ量や動作中一時的に貯まるキャッシュに関係します。容量が大きくなり、データサイズを気にしなくて良いのはありがたいです。

また、クロック周波数も16MHz→48MHzと向上しています。
処理速度が格段に上がっているので、「せっかく実行してみたのに、スペック不足で動作が安定しない。。。」という悲しい事態を防げます。

 

Arduino M0 とArduino M0 Proの違いについてはArduino.orgの公式サイトにも記載がありますが(ただし英語)、先程と同じくスイッチサイエンスのArduino M0製品ページにも記載があります。

Arduino M0はAtmelのEmbedded Debugger(EDBG)非対応です。EDBGを使いたい時はArduino M0 proをお使いください。

M0とM0 Proの違いはEDBGというデバッガの機能の有無だけみたいです。
デバッガというと、とっつきにくい感じがありますが、PC上でArduinoの動きの詳しいチェックが可能です。
んーなぜデバッガの有無で2,000円も違うのでしょう。。。

まとめ

初心者向けに推奨されるArduino Uno。確かに、入門ページや解説本も豊富です。

しかし、現在は高性能のArduinoをUnoと同額で購入できます。
Arduinoでやってみたいことが増えてきたとき、スペック不足に悩まされないことは、開発面でとても重要な事です。
これからArduinoを購入する人にはM0かM0 Proを、特にエントリーキットで購入予定であれば、M0 Proのエントリーキットをオススメします!!